(公財)絲原記念館 - 絲原記念館(公益財団法人)

資料館

◆製鉄師の資料館 【絲原記念館】 

 
 記念館は、昭和55年(1980)に開館した、たたら製鉄師であった絲原家の歴史を紹介する資料館です。たたら資料のほか、家伝の美術工芸品や有形民俗資料・古文書などを展示公開しています。
 館は土蔵を模した第1展示棟と、大正11年(1922)に上棟した布団蔵を改装した第2展示室からなります。
 第1展示棟は「たたらコーナー」と「有形民俗資料コーナー」「簸上鉄道コーナー」に区分され、「たたらコーナー」には可動模型のほか、たたらの原材料、用具・製品などが、写真・図面とともにわかりやすく解説展示しています。


 また「有形民俗資料コーナー」には藩政期農民でありながら、松江藩の五人扶持士分格という特異な階級でもあった絲原家に伝わる儀礼用具・嫁入り道具をはじめとする家具調度・什器や衣類などが季節に合わせて展示されています。

 第2展示棟は「美術工芸品コーナー」で、春・夏・秋と年3回の展示替えを行い、2階には立体展示コーナーも設け、松江藩主来駕時の膳部の様子を展示しています。
 主たる館蔵品は松江藩主からの拝領品を含めた、藤原定家筆「明月記断簡」(県指定文化財)、茶聖・千利休筆の書状、大名茶人・松平不昧作の書幅や茶杓、雲州蔵帳登載の茂三茶碗「銘・秋風」をはじめとする茶道具。池大雅筆「指頭山水図」、円山応挙筆「孔雀図」、長沢蘆雪筆「芭蕉図」、田能村竹田筆「梅渓艤舟図」などの円山四条派や文人画を中心とする絵画。松江藩お抱え漆匠・漆壺斎や勝軍木庵作の漆器。明・清・李朝や伊万里焼の陶磁器など多岐にわたっています。


 

企画展開催中


絲原記念館では6月7日(木)~9月9日(日)まで
夏季企画展
『奥出雲の鉄師~夏を涼しむ~』を開催しています。

 

本企画展では夏に涼を求めるため、絲原家歴代当主たちが用いた美術工芸品や煎茶道具などをご紹介します。
美術工芸棟には安来市出身の南画家・木村棲雲(18851967)が昭和8年に絲原家13代当主の案内で鬼の舌震を訪れ、絲原家客座敷にて描いた「舌震図」などの掛軸をはじめ、ギヤマン、染付の皿や盃などを中心に約70点を展示。
2階の茶道具コーナーでは煎茶道具など、約60
点展示しています。
民具棟では歌人・与謝野晶子の生誕140年を記念し、昭和5
年に絲原家へ来遊した際に用いた膳や与謝野夫妻が詠まれた歌を写真とともに紹介しています。

これにちなみ、夏季展開催期間中、「奥出雲」をテーマとした短歌を募集しています。

短歌募集要項・応募用紙.pdf

他にも浴衣や湯あげ、ランプ、眼鏡など約80点を展示しています。
林間散策路“洗心乃路”では新緑の中、アジサイが開花します。初夏の風景をお楽しみください。


●夏季企画展開催中、休館日はありません。
 次回、展示替え休館日は9月10日(月)~12日(水)となります。